アセンブラ mov 命令

アセンブラ mov 命令

アセンブラ mov 命令



“mov reg1, reg2”の形式の命令に対し,アセンブラでは,機械語命令のmov命令が1つ生成されます。 “mov imm, reg2” の形式でreg2にr0を指定した場合,アセンブラでは,機械語命令の48 ビット長のmov 命令が1 つ生成されます。

MOV命令とは、一番基本的で、一番頻繁に使われる命令である。どんなことをするかというと データの複写である。機能は「複写」と言うが、「転写する」もしくは「転送する」という。 すなわち、レジスタからメモリーに、メモリーからレジスタに、ある数字をレジスタもしくは メモリーにコピーする事を言う。ただし、メモリーからメモリーへの転写はできない ...

mov ah,2 前のページで解説したMOV命令です。AHレジスタに2を代入します。 mov dl,'A' 文字をシングルクォーテーションで囲うと、その文字コードを返します。すなわち、 'A'の文字コード41hをDLレジスタに代入しています。 int 21h

mov命令 → 2. コンパイル 3. 即値の転送 4. メモリーへの転送 → 5. 練習問題 → 3. 算術演算 1. 符号なし演算と符号付き演算 → 2. 加算 → 3. 練習問題 → 4. フラグ → 5. 減算 → 6. 乗算 7. 除算 8. inc,dec 4. 分岐 1. 無条件分岐 2. 比較命令 3

次に示す基本的な命令について学び,アセンブリ言語プログラミングの基礎を学ぶ。 転送命令(mov命令):データをある場所(レジスタやメモリ)からある場所(レジス タやメモリ)へ転送する命令。命令中の書いた数値をレジスタやメモリに格納すること

mov命令はデータを転送するための命令で,アセンブラプログラムで最も使われる命令である。メモリ上のデータを メモリ上のデータを 加工するためには,まずメモリの内容をCPUのレジスタに移動させ,処理した後,再びメモリに返す。

mov命令はバリエーションが多いので、その他の構文は、必要になったらその都度確認することにします。 [*1] 値そのものを示すオペランドです。 アセンブラでは先頭に「$」を付けると即値を表すオペランドになります。

 · アセンブラでは,cpaまたはcplという比較命令(内部的に減算を行ってfrレジスタを設定する命令)を実行した後で,その結果に応じてjplやjmiなどの命令で条件分岐(内部的にfrレジスタの値を確認して特定のラベルのメモリー・アドレスをpcレジスタに設定する)が実現されます。

アセンブラ 命令 mov ⭐ LINK ✅ アセンブラ 命令 mov

Read more about アセンブラ 命令 mov.

star-consult.ru
elit-sp.ru
relax-massage-msk.ru

Comments:
Guest
Marriage is made in heaven--so is thunder and lightning.
Guest

Lost time is never found again.

Guest
A cheerful friend is like a sunny day.
Calendar
MoTuWeThFrStSu